ハウスクリーニング業者を依頼する時に確認したいこと

ハウスクリーニングを依頼する時に心配なのは、なにかのトラブルが発生した時のことではないでしょうか?

 

自分が掃除をする時でも、何かをぶつけて壊してしまったり、落として割ってしまうことはあります。

 

ハウスクリーニング業者は掃除のプロですが、こんなようなトラブルが起こるのがゼロではないことを理解しておくことも大事なポイントです。

 

割ってしまいそうな置き物や装飾物など、絶対に壊されたくない高価なものや思い出のあるものは業者に入ってもらう時には仕舞っておくのもひとつの手段ですが、もし何かの問題が起こった時のことを考慮して、それに対処できるだけの保障が付いている業者を選択することも肝心です。

 

ハウスクリーニングの業者を選ぶ時には、PL法にのっとった賠償責任保険に加入しているかを確かめることを助言しておきます。

 

生産物賠償責任保険、請負業者賠償責任保険などがあり、例に挙げるとクリーニング中に家具にキズを付けてしまったり、部屋の中の物を割ってりして破損してしまったり、またはその家の人に怪我を負わせてしまった場合などに適用されます。

 

万が一そのようなトラブルが発生した場合、お願いした業者が保険に入っていれば示談や賠償も保険に加入してない業者より問題なく進むでしょう。

 

大切な家具や家などが壊れた時に損をしなくて済むように、ハウスクリーニングを頼む時にはあらかじめ確認しておきたいところです。

 

ハウスクリーニング業者に見積もりをお願いする時に一緒に確認しておきましょう。

ハウスクリーニング業者を依頼する時に確認したいこと関連エントリー


たまにはプロに頼んでみませんか?

Copyright (C) 2010 ハウスクリーニングガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

ハウスクリーニング業者を依頼する時に確認したいこと