トイレのハウスクリーニングは洗剤の使い方がポイント

ハウスクリーニングには様々なコツがあります。

 

トイレを掃除するケースを例に出して述べると、ネックになるのは洗剤の使用方法です。

 

トイレは生活では切っても切り離せない場所であると共に、他の場所と比較して汚れやすい場所でもあります。

 

そして、トイレの中だけでも便器の汚れと壁や床の汚れは違うものになってきます。

 

トイレのハウスクリーニングは、言わば特有の掃除法になります。

 

トイレで最も汚れる場所は、尿石等が付いてしまう便器です。

 

ここには中性洗剤や酸性洗剤を使います。

 

日常的に掃除をしているのでならば、中性洗剤でピカピカにすることが可能です。

 

汚れがひどいのなら、酸性洗剤を使ってみましょう。

 

酸性洗剤の方がパワフルなので、さらにキレイにすることが可能です。

 

しかし、酸性洗剤は落とす力がすごく強力ため、たびたび使うことはお勧めできません。

 

同じ便器ですが、ふたや便座等は中性洗剤を使う方が良いでしょう。

 

便座は直に皮膚に触るので、清掃の後は十分に洗剤を洗い流しましょう。

 

トイレの床や壁は、リビングなどのハウスクリーニングと同じような掃除法でも良いですが、尿などが付いていることもあるので、中性洗剤か薄めたアルカリ性洗剤がおすすめです。

 

便器みたいに汚れがひどくないため、酸性洗剤は使用しない方が良いでしょう。

 

酸性洗剤を使うと素材がダメになる原因にもなりますし、シミになることもあるのです。

 

このように、トイレのハウスクリーニングは様々な洗剤を掃除する場所によって使い分けることにより汚れ落ちをよくすることができます。

トイレのハウスクリーニングは洗剤の使い方がポイント関連エントリー


たまにはプロに頼んでみませんか?

Copyright (C) 2010 ハウスクリーニングガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

トイレのハウスクリーニングは洗剤の使い方がポイント