和室のハウスクリーニングのポイント

ハウスクリーニングをする場合、和室は注意しなければいけません。

 

例えば、障子や襖は紙が使われているので、もちろん水拭きはできません。

 

ですので、障子の掃除はホウキなどでほこりを落とした後、掃除機をかけるようにしましょう。

 

襖は枠や取っ手は防水の塗料等が塗ってあるので、かたく絞ったぞうきんであれば水拭きをしても大丈夫です。

 

しかし、紙の箇所を湿らせると破れ易くなり、さらにカビの原因にもなりことがあるので気を付けましょう。

 

和室のハウスクリーニングで大変なのは、洗剤や水を使った拭き掃除ができないことです。

 

から拭きや掃除機で落ちない汚れは、精いっぱい水気を絞ったゾウキンで念入りに拭いていくしかありません。

 

あんまり力を入れて畳をこすると傷めてしまうので、できるだけ優しくしましょう。

 

このようなハウスクリーニングの時間を減らす意味でも、汚れ防止としてカーペットなどを敷いておくのもいいです。

 

和室では柱等も水に弱い素材が使用しているため、壁や柱も拭き掃除には適していません。

 

ニス塗り等の加工がされているものは、水をはじくため水拭きも可能ですが、もし洗剤などで拭いてしまうとニスを溶かしてしまう可能性もあるので注意しなければいけません。

 

木で作られているところは、できれば水拭きはやめた方がいいでしょう。

 

木は比較的汚れが付きにくく、から拭きでもキレイになりますし、水分を含むとそこにシミが出来てしまうことがあります。

 

せっかくハウスクリーニングをしても、シミが残ってしまって掃除する前より汚れてしまうこともあり得るので、十分に気を付けて拭き掃除をしましょう。

和室のハウスクリーニングのポイント関連エントリー


たまにはプロに頼んでみませんか?

Copyright (C) 2010 ハウスクリーニングガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

和室のハウスクリーニングのポイント