ガンコな汚れを落とすハウスクリーニングのコツ

ハウスクリーニングの時、面倒なのがキッチングリルとかの油汚れや焦げつき汚れがひどいところです。

 

洗剤を付けてこすって取ろうとしても、頑固な汚れは簡単には落ちません。

 

強引に洗ったとしても、時間のロスにしかならないこともともあります。

 

このような無意味な手間をなくし、ハウスクリーニングを有効的にしていくために、こういった汚れが落ちにくい場所は方法を考えて掃除しなければいけません。

 

例えば、取り外しができる箇所は外してお湯に漬けておきます。

 

そこに洗剤を溶かしておけば、強引にこするよりもかなり効率的にキレイにでき、手間と時間のかかるハウスクリーニングがスイスイと進みます。

 

お湯に漬けておく時間は、約1時間ぐらいにして、お湯の温度を50度より高くすればより効果的です。

 

ある程度浸け置きした後、こすって洗うと、容易に汚れを取ることが可能です。

 

もし汚れが落ちなかった時は、さらに何度か同じことを繰り返せばほとんどの場合はキレイになるでしょう。

 

周期的にハウスクリーニングをし、浸け置きを行えば汚れは取れ易くなるので、ひどく汚れる前に洗えばわりあい簡単に汚れを落とすことができます。

 

取り外しができない部分は、ペーパータオルやぞうきんなどに洗剤を染みこませて汚れのひどい箇所に貼りつける方法がお勧めです。

 

この方法も1時間くらい貼っておき、その後スポンジ等でこすり洗いをすれば、何もしないままこすり洗いをするよりも楽々と汚れを落とすことができます。

 

ハウスクリーニングにはこのようにいろいろなポイントがあるので、効果的に使って効率よくキレイにしていきましょう。

ガンコな汚れを落とすハウスクリーニングのコツ関連エントリー


たまにはプロに頼んでみませんか?

Copyright (C) 2010 ハウスクリーニングガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

ガンコな汚れを落とすハウスクリーニングのコツ