ハウスクリーニングの洗剤の使い分けポイント

ハウスクリーニングは、清掃する場所によって汚れの成分や落とす方法が違うため、洗剤を上手に使いこなすことが鍵です。

 

汚れを落とすために洗剤をたっぷり付けてごしごし洗えばいいと思ってしまいがちです。

 

ハウスクリーニング用洗剤は確かに、量が多くて濃いほど、汚れを落とす効果が上がりますが、通常の掃除で使う場合には、よく汚れが落ちることとは関係がありません。

 

一回でたくさんの洗剤を使うと何回も拭き取ったりすすいだりしないといけなくなり、反対にハウスクリーニングの能率を落とすことになります。

 

洗浄成分である界面活性剤には油になじむ成分と水になじむ成分が入っており、使うと汚れの中の油分が水の中に浮き上ってきて汚れが取れるのですが、洗剤の量が多いからといってこの効果が高くなるということはありません。

 

また、ハウスクリーニング用洗剤の使い分けるポイントは濃度(ph)にもあります。

 

ガンコな油汚れを落とすためには、中性かアルカリ性の洗剤が最適です。

 

水垢を落とすためにも同様のことが言えるため、浴槽の掃除もアルカリ性洗剤が適しているでしょう。

 

バスル―ムのカビ取りには塩素系の洗剤が有効ですが、成分が強力なためその他の場所には使うのは止めた方が安全でしょう。

 

木製の家具などにアルカリ性洗剤を使用すると変色することがあるため、中性で薄めの洗剤のものを使用しましょう。

 

ガスレンジに付いた頑固な焦げ付きを落とすには、クレンザーが向いています。

 

排泄物や尿石というような便器の特別な汚れは酸性洗剤が効果を発揮しますが、そうとう強い成分が含まれているため、便器以外の掃除には使用しないようにしましょう。

 

このように汚れの種類によって適した洗剤を頭に入れておくと、ハウスクリーニングがスムーズに進みます。

ハウスクリーニングの洗剤の使い分けポイント関連エントリー


たまにはプロに頼んでみませんか?

Copyright (C) 2010 ハウスクリーニングガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

ハウスクリーニングの洗剤の使い分けポイント