ハウスクリーニング業者のワザ −窓ガラス−

ハウスクリーニングをお願いした場合、思っていた以上にキレイになりびっくりすることが多いのが窓ガラスやサッシです。

 

ガラスに付いている泥汚れや手あかは、落とそうと頑張っても思い通りにキレイになりません。

 

シールをはがした跡や結露によるカビなどは、努力してもスッキリとキレイにならないことも多々あり、また、サッシの隙間にはホコリの固まりやペットの毛、虫の死骸などが溜まっていることもあります。

 

このような汚れは、雑巾がけをしたり、掃除機で吸ったりしてもどうしても取れないものです。

 

とりわけキッチンの窓の油はねや、ごく稀にしか洗わないバスルームの窓などは、納得がいくように汚れが落としきれないことの方がほとんどではないでしょうか?

 

ハウスクリーニングで窓ガラスやサッシのクリーニングを頼むと、自分で掃除した場合との違いの差にビックリすることでしょう。

 

ガラスサッシごと取り外して丸ごと洗ったり、周辺をビニールで保護したあとに、専用スチームで汚れを浮き上がらせて落としたりと、業者によってハウスクリーニングの仕方は異なります。

 

また、費用も方法や業者によっていろいろですが、おおまかな目安としては窓ガラス1uにつき1,000円ぐらいから、窓枠ならば縦横のサイズが180pで3,000円程度からとなっているところが多いようです。

 

ハウスクリーニングにかかる時間は10uで2時間ほどが一般的なようですが、汚れ具合や掃除する窓の数によって違ってくるので、見積もりをもらった時に確認しておきましょう。

 

また、網戸は基本作業の中に入っていることがほとんどですが、雨戸は別料金のハウスクリーニング業者が主流なので、その辺もしっかりと確認しておくと良いでしょう。

ハウスクリーニング業者のワザ −窓ガラス−関連エントリー


たまにはプロに頼んでみませんか?

Copyright (C) 2010 ハウスクリーニングガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

ハウスクリーニング業者のワザ −窓ガラス−