ハウスクリーニングでいろいろなところのお掃除

ハウスクリーニング業者のワザ −窓ガラス−
ハウスクリーニングをお願いした場合、思っていた以上にキレイになりびっくりすることが多いのが窓ガラスやサッシです。ガラスに付いている泥汚れや手あかは、落とそうと頑張っても思い通りにキレイになりません。シールをはがした跡や結露によるカビなどは、努力してもスッキリとキレイにならないことも多々あり、また、サッシの隙間にはホコリの固まりやペットの毛、虫の死骸などが溜まっていることもあります。このような汚れは、雑巾がけをしたり、掃除機で吸ったりしてもどうしても取れないものです。とりわけキッチンの窓の油はねや...
ハウスクリーニング業者のワザ −水まわり−
ハウスクリーニングの素人とプロの掃除の一番の違いは、汚れを落とす技術力でしょう。素人は汚れがなかなか落ちないとどうしても力任せにしてしまいますが、こびりついた汚れはむやみにこすれば落ちるものでもありません。ハウスクリーニングのプロは汚れのメカニズムに精通していますので、その汚れに合った方法と手際の良さで確実に、そして効率的にキレイにしてくれます。さらに、それまでの経験で積み重ねてきたノウハウがあるため、素人ではどんなに時間をかけても歯が立たない汚れをキレイにするテクニックもよく知っています。さま...
ハウスクリーニング業者のワザ −換気扇−
キッチンの掃除でナンバーワンの厄介事といえば、落ちにくい油汚れがこびりついた換気扇ですね。シンクやコンロまわりなどは毎日掃除できますが、換気扇は取り外したり取りつけたりするのが面倒なのでたびたび掃除することはできません。けれども、油汚れはそのままにしておけばおくほど汚れが剥がれにくくなるものです。自分ですると強敵な換気扇掃除は、ハウスクリーニング業者にお願いしてみてはいかがでしょうか?ハウスクリーニングは家を丸ごと掃除をしてくれるものというイメージもあるかもしれませんが、キッチンだけでもOKです...
ハウスクリーニング業者のワザ −エアコン−
ハウスクリーニングのプロに依頼したいものには、エアコンの掃除も挙げることができます。電気代節約のためにフィルターは気を使って掃除しているご家庭も多いかもしれませんが、エアコンの掃除はそれだけでパーフェクトとはいえません。フィルターを通過してエアコンの奥まで入り込む汚れやホコリも多く、これをきちんと掃除しなければ汚れの混じった温風や冷風を身体に浴びていることになるのです。とは言っても、素人ではバラバラにして掃除することはできません。日頃からまめにフィルター掃除を心がけることも大事ですが、1年か2年...
ハウスクリーニング業者のワザ −トイレ−
家庭の中の水まわりでひときわ汚れる場所と言えばトイレです。しっかり掃除をしていても、水垢やカビ、飛び散った尿などがこびり付いたりするため、掃除がしづらく面倒なところです。便器やその周辺は日常的に掃除できますが、排水溝貯や水タンクの中などはなかなか手が届きません。また、便器それ自体の狭い部分や、尿が跳ね返って固まった尿石などを素人が掃除するのは困難です。自分の力ではキレイにするのにてこずってしまうトイレも、ハウスクリーニングにお願いすればピカピカに掃除してもらうことができます。トイレのハウスクリー...
和室のハウスクリーニングのポイント
ハウスクリーニングをする場合、和室は注意しなければいけません。例えば、障子や襖は紙が使われているので、もちろん水拭きはできません。ですので、障子の掃除はホウキなどでほこりを落とした後、掃除機をかけるようにしましょう。襖は枠や取っ手は防水の塗料等が塗ってあるので、かたく絞ったぞうきんであれば水拭きをしても大丈夫です。しかし、紙の箇所を湿らせると破れ易くなり、さらにカビの原因にもなりことがあるので気を付けましょう。和室のハウスクリーニングで大変なのは、洗剤や水を使った拭き掃除ができないことです。から...
水まわりのハウスクリーニングにスポンジは必須!
ハウスクリーニングにおいて、スポンジはあると大活躍の優秀な道具と言えます。例えば、ブラシで汚れをこすって落とすことはできますが拭き取ることは不可能です。一方、雑巾は拭き取ることがメインの使い道になります。つまりスポンジは、ブラシと雑巾を合わせた様な働きをします。扱いやすく、雑巾よりも水を切るのが楽で、さらに吸水力も良いスポンジは、水まわりのハウスクリーニングには外せないアイテムです。ハウスクリーングをする時は、初めに水で濡らしたり洗剤を付けておけば汚れを落とすのが楽になります。また、水分を拭き取...
ハウスクリーニングの洗剤の使い分けポイント
ハウスクリーニングは、清掃する場所によって汚れの成分や落とす方法が違うため、洗剤を上手に使いこなすことが鍵です。汚れを落とすために洗剤をたっぷり付けてごしごし洗えばいいと思ってしまいがちです。ハウスクリーニング用洗剤は確かに、量が多くて濃いほど、汚れを落とす効果が上がりますが、通常の掃除で使う場合には、よく汚れが落ちることとは関係がありません。一回でたくさんの洗剤を使うと何回も拭き取ったりすすいだりしないといけなくなり、反対にハウスクリーニングの能率を落とすことになります。洗浄成分である界面活性...
ハウスクリーニングに活躍する意外なモノ
ハウスクリーニングをする時、思いがけず役に立つのがブラシ類です。重宝するのが、歯ブラシ・たわし付きスポンジ・洗車ブラシでしょう。ことの他歯ブラシは、細かい場所の掃除で発揮します。もちろん新しいものを下した後の古い歯ブラシで十分です。素材をキズ付けない丁度のコシと堅さがあるため、使い方はいくつもあります。バスルームなどのタイルの目地や排水溝の中、蛇口の裏側など、狭くて手が届かず、普通のブラスが入らないような場所をこするのにはピッタリのサイズです。また、たわし付きスポンジはキッチンの掃除などで活躍し...
壁や天井のハウスクリーニングのポイント
壁のハウスクリーニングでは、壁に洗剤を付ける場合には下〜上へ塗っていくのコツです。上から洗剤を付けてしまうと垂れ落ちた洗剤で下のあたりにムラができてしまうため、絶対に下から始めるようにしましょう。また、壁に洗剤を付ける場合に役立つアイテムが何個かあります。一番最初はスポンジです。スポンジは水分を調整をし易いため、ぞうきん等よりも使い心地が良くお勧めです。また洗車ブラシも力を発揮します。洗車ブラシを使用すると広範囲にいっぺんに洗剤を付けることができ、効率よくハウスクリーニングができます。洗車ブラシ...
洗剤の洗浄力をアップさせるハウスクリーニングのコツ
ハウスクリーニングは、洗剤の汚れを落とす力を高めればもっと効果的にすることができます。洗剤を使用する時には、4つのポイントを理解していればすごく効率的に洗剤を使えるため、覚えておくと良いでしょう。4つのポイントとは何なのかと言うと、時間、洗剤濃度、温度、物理力です。初めに時間ですが、これは汚れに洗剤を付けてからの時間のことです。洗剤を付けて時間を置かずにこすってしまうよりも、少し間をおいてからこする方が汚れは楽に落ちます。ハウスクリーニングを始めるとすることが多くて焦ってしまいますが、頑固な汚れ...
ハウスクリーニングに用途別の洗剤は必要?
ハウスクリーニングをしようと思い立ったら、洗剤を一式買い揃えるところから始める方もたくさんいるのではないでしょうか?お店の掃除用品売り場を除くと、キッチン・お風呂・トイレ・家具と用途別のいろいろな洗剤が売られています。ほとんどのご家庭でこの中の何種類かは置いてあるでしょう。しかし、本当のことを言うとハウスクリーニングにはそんなに何種類もの洗剤はいらないのです。必要な洗剤は、アルカリ系・中性・塩素系・クレンザーの4種類です。この4種類の洗剤さえあれば、どんな場所のハウスクリーニングも可能なのです。...
トイレのハウスクリーニングで苦労する尿石落とし
便器の内側に付く黄ばんだ汚れは尿石と言われ、尿の成分が固化したものです。トイレのハウスクリーニングでは、この汚れを落とすのに困っている人もたくさんいるのではないでしょうか?酸性の洗剤でさえ固まってしまった尿石は落としにくいものです。トイレのハウスクリーニングをする時、この尿石を落とすのに効果を発揮する道具が紙やすりです!!尿素が便器に付いて固まったものである尿石は、紙やすりを使って汚れを削り落すのが一番です。トイレのハウスクリーニングにとりかかる時に、まず尿石に酸性洗剤を付けて、5分ほど放置して...
ハウスクリーニングの効率をアップする水の力
ハウスクリーニングをする際には、洗剤を使う前に水をかけておくとすごく効果的です。というのも、洗剤を汚れに直にかけて擦ってもそんなにキレイにすることはできません。洗剤を適切に使用するには、汚れに水をなじませなければならないのです。大部分の汚れの原因である油に水をなじませて浮き上がらせれば、有効的に汚れを落とすことが可能です。ハウスクリーニングを開始する前には、水で濡らしておき能率よく掃除ができるようにしておくことをおススメします。初めに、キレイにしたいところに水をかけて湿らせておきます。こうすると...
ガンコな汚れを落とすハウスクリーニングのコツ
ハウスクリーニングの時、面倒なのがキッチングリルとかの油汚れや焦げつき汚れがひどいところです。洗剤を付けてこすって取ろうとしても、頑固な汚れは簡単には落ちません。強引に洗ったとしても、時間のロスにしかならないこともともあります。このような無意味な手間をなくし、ハウスクリーニングを有効的にしていくために、こういった汚れが落ちにくい場所は方法を考えて掃除しなければいけません。例えば、取り外しができる箇所は外してお湯に漬けておきます。そこに洗剤を溶かしておけば、強引にこするよりもかなり効率的にキレイに...
ハウスクリーニングの必需品 −雑巾−
ハウスクリーニングをする時に欠かせないモノといえば、やっぱり雑巾でしょう。どこを掃除する場合でも、雑巾がなかったら掃除を開始することができません。雑巾は購入するよりも使わなくなったタオルを縫って作るイメージがありますが、なんと縫い合わせてない使い古しのタオルの方が断然使い勝手がいいのです。ハウスクリーニングが必要な場所は、窓のサッシや電球の傘などの隅にホコリが溜まっているところもあります。そんな細かい場所には、重ねて縫った雑巾だと厚過ぎてフィットしないということもあるのです。そのままのタオルなら...
ハウスクリーニングではブラインドやカーテンも忘れずに
ハウスクリーニングをする場合、忘れがちなのがブラインドを掃除することです。ブラインドは、カーテンみたいに洗濯機で洗うことはできません。そのため、拭いたり水拭きしたりしてキレイにしますが、ここで重宝するアイテムとなるのが軍手です。軍手をぞうきんの代わりに使えば、1枚ずつ指で挟んでブラインドの両面を拭くことができます。ぞうきんで拭くよりビックリするほど簡単で、さらにキレイにできます。から拭きだけでなく水拭きも、軍手の下にゴム手袋などをつければ問題ありません。軍手はそこまで高額なものではないので、ハウ...
トイレのハウスクリーニングは洗剤の使い方がポイント
ハウスクリーニングには様々なコツがあります。トイレを掃除するケースを例に出して述べると、ネックになるのは洗剤の使用方法です。トイレは生活では切っても切り離せない場所であると共に、他の場所と比較して汚れやすい場所でもあります。そして、トイレの中だけでも便器の汚れと壁や床の汚れは違うものになってきます。トイレのハウスクリーニングは、言わば特有の掃除法になります。トイレで最も汚れる場所は、尿石等が付いてしまう便器です。ここには中性洗剤や酸性洗剤を使います。日常的に掃除をしているのでならば、中性洗剤でピ...
ハウスクリーニングでカビをキレイに落とすコツ
カビは一度付いてしまうと、除去するのに手間がかかります。このようなカビは、ハウスクリーニング中にいっぺんに消しさってしまいましょう。カビはきちっと分解させないと何回でも生えてきてします。そのため根こそぎ取り除かなければいけません。ハウスクリーニングでカビを根絶するポイントは、塩素系の洗剤を使用することです。塩素系洗剤はカビを分解する働きがあり、すごく役に立ちます。塩素系洗剤を用いる時は、洗剤の濃度を5倍ほどに薄すめると効率よくカビを除去することができます。薄めた塩素系洗剤を直にカビにかけ、しばら...

たまにはプロに頼んでみませんか?

Copyright (C) 2010 ハウスクリーニングガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

ハウスクリーニングでいろいろなところのお掃除